2017年 03月 18日 ( 1 )

さんたのこと。

おかしいな?と気がついたのは3月6日の月曜日の夕方でした。

翌日火曜日の朝早くにかかりつけの獣医さんにFAXして事前に連絡したら
折り返しお電話をいただきました。
こんな時に自宅と病院が一緒になってると助かりますね。

朝一で診察しました、肛門腺破裂(肛門嚢炎)だそうです。
バリカンでお尻周りを刈り取り、ハゲハゲになった患部でしたが
そこでやっと私もさんたのお尻周りがどうなってるかを把握しました。

もう何とも言えない大きな傷穴にショックでした。
そこまでなってたことに気がつかなかったことに
更にショック・・・。
でも大きな病気じゃ無かったことに感謝。

運悪く中で化膿して大きくなってから破裂したらしいのですが
ここまでなるのはまれだそうです。

後を振り返れば、ああだった、こうだった・・・と思うことはあっても
その場でおかしいとは思いつかないもんです。

当日は様子見で、翌日には縫う方がいいといわれ
置いていきましたが、お昼にはもう迎えに来てもいいですよと
ご連絡をいただきました。
鎮静剤と局部麻酔を使っての手術でした。
事前にしっかりとした説明を受け、同意しました。

消毒に数回通い
日に日にさんたも食欲が増え、傷も奇跡的に治りも早く
本日抜糸2回目も終わりました。
エリザベスカラーも明日には取れます!

もうこのカラーをしてることで、猫ドアも通れないし(ドアマンしてあげてました)
お布団に入りたくても上手く入れないので
布団を足で持ち上げて迎え入れてあげてました。

嫌がってたのは他の猫たちで
みんな側に寄りません、並んで食事も拒否です。
もちろんベットで猫団子なんてせず
自分たちまで食欲なくすわ、吐くわで・・・
頑張ってる さんたを見習え!って思っていた私でした(^^;)

カラーを付けてることで毛繕いができず、痒いのでしょう
あれほど大嫌いだった父ちゃんの側に行って背中をかいてもらっては
気持ちよさげな顔をしてましたっけ。

やっと昨日あたりから他の猫たちも慣れたエリザベスカラーですが
慣れた頃に外すことになったのよね~
まずは良かった、治って。ふぅ~


抜糸も終わりつるんとしたお尻に。
d0177211_0362276.jpg


毛が生えてきてザラザラな感触です(笑)
d0177211_036329.jpg


真ん中は肛門と男子の部分なので黒っぽい。
d0177211_036405.jpg

三重に縫ってあるそうで、中は溶ける糸だそうです。
本日で通院も終了、頑張ったね!さんたにゃん♪

長々とお読み下さりありがとうございましたm(_ _)m

にほんブログ村 ハンドメイドブログ パッチワーク・キルトへ
にほんブログ村
にほんブログ村 猫ブログ 猫 MIX多頭飼いへ
にほんブログ村

[PR]
by nekohand4 | 2017-03-18 00:43 | 我が家の猫 | Comments(6)

ハンドメイド・パッチワークキルトが大好きです。猫グッズを作ってます。


by るん*
プロフィールを見る